二人目不妊はお母さんが漢方で体質を変えるというアプローチもある

妊婦

不妊治療まずはタイミング

妊活をしてもなかなか子供を授かれない、そのように悩まれて不妊の相談をされる方は少なくありません。不妊治療については色々とありますが、まずは排卵日を特定してタイミングを図るというものがあります。排卵日を特定するためには基礎体温をしっかりと測ります。排卵日はホルモンバランスが乱れれしまうと基礎体温も理想的な形とはならず、特定すること自体が難しくなってしまうことも多いです。
基礎体温を測るのと同時にホルモンバランスが乱れない生活習慣を意識されることから治療ははじまります。ホルモンバランスを整える生活習慣は基本的なことですが、栄養バランスが偏らないような食事内容、適度な運動、ストレスや疲れをためずに十分に休息をとることが大切です。そういった生活習慣を過ごすうちに基礎体温も理想的になり、生理周期も安定してきます。
すると、どうなるのか?排卵日が特定できます。排卵日が特定できれば排卵日前後にタイミングをとると妊娠する可能性が高くなります。卵子の寿命は排卵されてから24時間と短く、その間に精子と出会わなければなりません。ですから不妊治療の最初は検査をしつつタイミングをはかっていくことが治療になってきて、それでも妊娠の兆候がなければステップアップして次の方法をという流れになっていきます。

menu

2017年10月13日
ゴールデン期間を大切にを更新。
2017年10月13日
不妊治療まずはタイミングを更新。
2017年10月13日
不妊の原因について妊娠の成立から考えるを更新。
2017年10月13日
何歳からはじめる?不妊治療を更新。