二人目不妊はお母さんが漢方で体質を変えるというアプローチもある

妊婦

不妊の原因について妊娠の成立から考える

なぜ不妊なのかを考える際、まずはどうやって妊娠が成立するのかを考えてみましょう。まず卵子は卵巣にある、卵胞と呼ばれる袋で育ちます卵胞が17~20ミリに成長するとなかから卵子が外に飛び出します。これが排卵です。排卵された卵子は卵管采と呼ばれる部分にキャッチされます。この時期に夫婦生活を持つと、放たれた精子は膣をとおり子宮に入り、左右ある卵管のどちらかを選んで進みます。
そして卵管で精子と卵子は出会い、受精卵となり時間をかけて子宮へとたどりついたら子宮内膜へ着床します。これが妊娠です。これらのすべての過程があり、妊娠は成立します。逆を言えばこの過程のどこかがクリアできなければ、妊娠は成立しないのです。例えば、精子が子宮の中に入る元気がない精子無力症、精子が子宮の中に入り込めない頚管因子、精子の数が少ない乏精子症など、精子の質の問題によって、そもそも精子と卵子が出会えない不妊の原因があります。
他にも女性が精子を殺してします抗体、抗精子抗体を持っている場合もそのひとつです。他にも、卵管がつまっていて精子と卵子がめぐり会えない卵管因子、排卵をしていないか排卵に時間がかかる排卵障害、子宮で着床しない着床障害、そもそも卵子と精子が受精しない受精障害もあります。

menu

2017年10月13日
ゴールデン期間を大切にを更新。
2017年10月13日
不妊治療まずはタイミングを更新。
2017年10月13日
不妊の原因について妊娠の成立から考えるを更新。
2017年10月13日
何歳からはじめる?不妊治療を更新。